FANDOM


這是天秤のLa DEA。的人物頁面。

人物

賽利卡·西魯菲魯セリカ・シルフィル

流浪的弑神者
C792202chara1
「元凶なぞ、突き詰めれば切りのある物ではない。 其れこそ原初の昔、この世界を創った者が全ての元凶だ」

持有女神阿斯特萊亞這位古神肉體的本篇的主人公。

自從被人們稱爲「弑神者(神殺し)」而畏懼,作爲經常被狙擊的存在數百年之間走遍了的世界。 近年的大戰雖然失去了很大的力量,還是接受了來自盟友「水之巫女」的行蹤不明的萊維尼亞王女的調查委託,趕赴米魯菲之街(ミルフェの街)。

 


海謝拉ハイシェラ

被封入劍中的女魔神
C792202chara2
「望むと望まざるに拘わらず、お主の身体を狙う者は多い。 この我がそうであったようにな」

曾經盯上了女神之體,反復激戰的宿敵的女魔神。

戰鬥之後,自己寄宿在劍中,成了給由於女神化的影響失去記憶的賽利卡出主意的保護者。對話通過彼此的心聲,聲音不傳到周圍的人。 失去了大部分力量的賽利卡不能用本來的魔劍,為了掌握魔神的力量以短劍的身姿注視主人的復活。

 


秀麗・萊岑シュリ・レイツェン

神殺的第三使徒
C792202chara3
「これをこれを掛け合わせれば……。 よしっ、上手く出来ましたっ!」

為了維持男性體和賽利卡交換使徒之契的女孩。

作為使徒是第3號的契約者,作為傭人因為是見習把此次的旅行兼作修行,而被容許同行的唯一的從者。 獻身地進行包括夜伽在内的貼身的幫助,因爲與生俱來的才能和魔力被隱藏的新的能力開花結果了。

 


蕾薇婭・羅格萊亞(レヴィア・ローグライア

白地龍騎士團・軍團長
C792202chara4
「女である前に私は騎士だ。 守るべき者を置いて退く訳にはいかない」

賽利卡的盟友「水之巫女」統治的萊維尼亞神權國(レウィニア神権国)的第11軍團,通稱「白地龍騎士團」的年輕的軍團長。

雖然是最年少,但是劍技、神聖系魔術優秀,具有正直的騎士精神,特別在平民與部下中的人氣很高。 在戰鬥中受到嚴重損害,部隊再編中收到了搜索王女這種不像軍隊風格的任命。

 


洛卡・魯斯考特(ロカ・ルースコート

馬玆特利亞的神官戰士
C792202chara6
「貴方と一緒にいると懐かしいと思う。 そう、遠い昔に会った事があるような……」

司掌戰事的現神「馬玆特利亞(マーズテリア)」的神官戰士。

是米魯菲(ミルフェ)之南的歷史和傳統的國家貝爾利亞(ベルリア)出身,在世界各地發起的紛爭中守護民衆與神殿的財產的傑出人物。表情缺乏也滲透到氣質品性的美女,槍術和神聖魔術出色,使用南方式樣的魔導鎧。 在來自總本山的敕命訪問的地點和神殺相會感覺是命運的契約。

 


萊芬・林玆貝爾(レフィン・リンズーベル

蕾薇婭的副官
C792202chara5
「ここから先は通しませんよ。 こう見えても厳しい団長に鍛えられていますからね」

白地龍騎士團的騎士、蕾薇婭的副官。

萊維尼亞王都出身也是蕾薇婭的青梅竹馬, 赛利卡的房間潜入(被蕾薇婭連帶去的)什麽的也有份,是對神殺沒有偏見的少数的理解者。 雖然在軍團内有巨漢的力氣而引人注目,但是階級比十騎長高、比軍團副将與百騎長低,微妙的立場也受夾板氣。

 


卡烏拉・古雷吉(カウラ・グレイジー

米魯菲衛兵團的臨時隊長
C792202chara7
「かぁーーっ、火照った体に染み込む旨さ。 訓練の後はやっぱり酒に限るねぇ」

以褐色的肌膚和高個子健康的身体爲特徵的女戰士。

在米魯菲衛兵團9名當中作爲一名隊長臨時被雇用了。毫無顧忌的説話方式和巧妙地操縱大劍的豪快從部下收穫了大姐一般的仰慕。 一邊和給街道帶來惡劣影響的野盗與大国萊維尼亞的駐留軍對立,一邊和不可思議的存在赛利卡感到奇妙的相性,開始共同行動。

 


露(ルー

「森淑の杜」的亞人類
C792202chara8
「ふんっ、どうして私が人間と馴れ合わなければいけない」

住在被稱呼作「森淑之杜」的リュリエルフ(森エルフ)的集落的少女。

對弓的使用有自信以守護村子的杜人作爲目標,因爲教養與禮法等が半端,沒被作爲大人認可而急不可耐都現在臉上。 由於襲撃很多的同胞被殺了,尊敬的阿姉也被帶走了,不像一般的精靈而是決定挑起復仇。

 


米露莫・美奈西斯(ミルモ・メネシス

被引導的古風精
C792202chara9
「……」 「…………?」

天使に似た姿の風精で、先史文明期以前の人類世界に存在した守護者の末裔といわれている希少種族。

メネシス種は言葉を発することがないと言われており、他の風精(シルフィ種)と同じく風音や羽音、行動によって気持ちを伝える。 稀にしか姿を現さない彼女も古神の肉体を持つセリカに導かれ、小さな体を駆使して主人を支援することを誓う。

 


利利埃姆(リリエム

輕鬆的睡魔姑娘
C792202chara10
「ボクがたっぷりと可愛がってあげるから、その代わり精気をいーっぱいちょうだいね♪」

上級悪魔オリヴドに仕える睡魔族の娘。

主人の命に従い、溢れる性の魅惑を武器に人間の精を吸い尽くそうと迷宮や夜の街を徘徊する。しかし、悪魔らしからぬ能天気さが災いして睡魔としては優秀とはいえない様子である。 セリカを捕えることに成功したリリエムは不思議な精気の素成の調査を名目にさっそく好物の精気を吸収しようとする。

 


梅提薩娜(メティサーナ

階級第八位的天使
C792202chara11
「あははははっ、メティに見惚れる気持ちは分かるけど、人間如きが気安いぞ」

天使階級第八位、斥候型(アプサエル)の大天使。

上司にあたるイルザーブと同じくマーズテリア側に属し、数年前より消耗した守護者の交代要員としてこの地へ派遣された。 大天使の中でも単騎活動ができる優秀な斥候型なのであるが、高慢な性格と数ある大失敗が響いて辺境へ出向させられたとの噂が付きまとっている……。

 


利・庫阿露(リ・クアルー

作爲八守護者的龍人王女
C792202chara12
「我等が神の眷属であったのは昔の事だ。 今の我等は古の神とは関係ない」

下半身が強固な竜鱗に覆われた大蛇の尾を持つ龍人(ナーガ)族の娘。

元々古神に属する古い血統と長さ寿命を持ち、古風ながら品のある口調が特徴の一族の王女だったが、現在ははるか南に位置するディジェネール地方の隠れ里より連れられて八守護者のひとりとして幽閉されている。

 


伊爾劄布(イルザーブ

策謀湧動的權天使
C792202chara13
「必ずやその命、我が神の雷により灰燼と帰すであろう」

天使階級第七位、権天使(プリンシパティウス)とも呼ばれている天使。

三神戦争後で主を失った彼女は軍神マーズテリアに下る経歴を持ち、カドラ廃坑とその周辺の監視者として派遣されている。 鉱山は数十年前に魔族の空間と繋がる災いなどによって廃坑となったが、地上まで外敵が及ばないことをみると彼女の影響があるものと推測される。

 


貝爾迪埃爾(バルディエル

天使階級第四位的雷天使
C792202chara14
「我は光さえも喰らう雷天の覇者。 愚物共よ我が前に跪け」

大陸中原から西方にかけて稀に目撃されている天使階級第四位、主天使(ドミニオンズ)とも呼ばれる高位の天使。

雷光を司り、三神戦争時からファスティナ創世記に至るまで独立した天使勢力を率いて現神側と対立したが、光や電撃を吸収して力に変換できる肉体が災いし、次第に雷や天使を食らう危険種としてはぐれ魔神化した。

 


利劄伊拉(リザイラ

虛無領域的精靈王女
C792202chara15
「ミルモを連れているなんて……珍しいお客さんね、歓迎してあげるわ…… 私のやり方でね」

ミルフェの街北東にある精霊領域「リスレドネー」の王女。

同じくカドラ廃坑の近い地中にはこの領域と繋がっている部分が存在し、外部の侵入者から精霊たちを守っている。 様々な外部勢力が集結して不安定になっていることを憂い、周囲に対抗すべく緑化支配を強めようとする。

 


瓦萊弗爾(ヴァレフォル

轟動世界的怪盜
C792202chara16
「ワタシはヴァレフォル。 盗獅子と呼ぶ人もいるわ。 さぁて、お宝は全部頂いちゃうわよ!」

年紀不大的獸人族姿態的能天気少女。

其實是讓「盗獅子」之名轟動世界的大盜賊,留下了許多常人難及的逸話。 大概是對喜歡的氣味敏感,乘船在各地旅行的途中,在感到好氣味的米魯菲之街(ミルフェの街)落腳。

 


姆魯姆魯(ムールムール

驅巡狹間的惡魔大公
C792202chara17
「我は偉大なるソロモン王に仕えし魔の一柱。 音に聞く神殺しの力、一手ご指南願おうか」

司掌死者之魂的惡魔大公。

以前作爲所羅門72柱之一柱率領30個軍團的「徘徊(はぐれ)魔神」。以銀髮的容姿端麗的男性劍士之姿,跨在魔獸サンクヴス(上半身是裸體女性、下半身是肉食獸)上往返于拉奧巴修大陸(ラウルバーシュ大陸)與時空之狭間。如同配合各種各樣的因緣和力量正在集結的狀況,在卡多拉廢坑(カドラ廃坑)内出現。

 


薩莉亞(サリア

在自由市場工作的小女僕
C792202chara18
「鳥さんはお空が自由に飛べて凄いです。 あたしもいつか一緒にお空を飛べるようになりたいです」

自由市場に店を構えるグロック商会で働いている娘。

元々は雑務を任せつつ、後々の売買用として買い付けた程度の扱いだったが、神がかった不器用さから買値以上の損害を商会に与え、そのまま売れ残りとなっていた。 精霊と意思疎通を図ることが出来る特異な性質の持ち主であり、セリカを含めた幾人かから興味を持たれるが……。

 


琳夏・卡尼蘭(リンシャ・カーニラン

野牛之蹄亭的年輕老闆娘
C792202chara19
「味は保証するわよ。この街の味を気に入ってくれると嬉しいわ。 さあ、好きな物を頼んでね」

ミルフェの街にある宿屋兼酒場「野牛の蹄」亭の若き女将。

強盗によって両親を亡くしているが、常連客の手引きのもと親の店を受け継ぎ、名物女将として明るく堂々とした喋りで人気が高い。 決して経営的には順調といえないものの、使用できる通貨を持ち合わせていなかったセリカとシュリを温かく迎え入れ、互いに助け合う間柄になっていく。

 


約爾馬・阿蘭科(ヨルマ・アランコ

米魯菲工商會的辣手要員
C792202chara20
「わしはこう見えて人を見る目はあるつもりだ。 お前さんには信ずるにたる何かがある。そう感じたまでだ」

街の東側にかけていくつかの支部を持つ「ミルフェ商工会」の重鎮。

良質の酒蔵を持ち、豪胆な発言力と人柄から人気は高く、強引な形で駐屯せざるを得なかったレウィニア騎士団との仲介にも尽力、物資の供給を示してくれた数少ない理解者。 一方で商工会と麝香商会との間で競争が増しており、店同士のトラブルに頭を抱えている様子である。

 


魯頓・賽伽斯(ルドーン・サイガス

惡德勢力・麝香商會之主
C792202chara21
「あらあら、これはこれは。いつもご贔屓にしてくださってありがとう。 今日はどんなご用かしら?」

街の西側や低階級地区に支部を持ち、多くの娼婦と用心棒を抱える「麝香商会」の主。

勢力と共に店を束ねる豪商であり、相手の弱みにつけ込むような取引手法で悪徳商会として有名。 街の悪質な集団を抑制できる影響力を持つ。細身でかつて大国で流行した派手な衣装を纏い、女性的な物言いを好むものの、その支配力の源は謎である。

 


琉璃王伊倫(琉璃王 イルン

被封印在歪曲中的上級惡魔
C792202chara22
「三匹の悪魔を駆逐し我が封印を解きし者よ、ここまで辿り着いた褒美として一つだけ願いを叶えてやろう」

カドラ廃坑のどこかに存在する「琉璃の座閣」に封じられている女型の上級悪魔。

人間の二~三倍の背丈を持ち、豊富な魔力と物体操作の技で迷宮内を自在に操ることができるらしく、かつて力を求めてきた愚かな召喚者達と契約し、そして次第に凋落。ついには多くの魔族を従えた琉璃王と名乗り席捲した時代があったとされている。

 


上級惡魔奧利維德(上級悪魔 オリヴド

在迷宮吃住的惡魔族頭領
「これから始まる狩りの手始めとして、貴様からは枯れ果てるまで精気を吸い上げてくれるわ」

カドラ廃坑の一部に独自の闇界領域を築き、下級悪魔や睡魔の娘を操って勢力を拡大している悪魔族の頭領。

一般的なグレーター種の上級悪魔より細身だが、一回りも大きく、種族を問わず雄の精気を好む特徴を持つ。 迷宮の各所は別の上級悪魔が支配する領域であり、暗黙の盟友関係を結んで、侵入者に対し様々な罠や誘惑を張り巡らせている。

 


阿比魯斯・卡薩萊(アビルース・カッサレ

永時生存的大魔術師
C792202chara24
「世迷い言とは言い得て妙…… なにせ千年近く世を迷っているのだからな……」

巨大なカドラ鉱山跡の東部一帯を支配している勢力「闇夜の混沌生み」の長。

かつては大陸中原の繁栄地にて大きな戦乱を引き起こした宮廷魔術師とも噂される老いた大魔術師で、現在では永遠なる命や力を迷宮の奥へ求めて、迷宮の監視者イルザーブと対立している。 女神の肉体を持つ神殺しがこの辺境に姿を現し、その魅力に歓喜する。

 


溫迪斯・普拉納(ウェンディス・プラーナ

闇勢力之強力的魔術師
C792202chara25
「地獄の業火に焼かれて、苦しみながら逝きなさい」

「闇夜の混沌生み」の魔術師アビルースに雇われ、レルン地方に点在する戦闘勢力掌握の役割を担う冷徹な女魔術師。

辺境出身にしては優れた魔法技術を有し、自慢の肉体を永遠に保つために常に実戦と付与儀式による魔力鍛錬を信条とする。 反勢力や無能者に対する容赦の無い広範囲魔法攻撃の破壊力は主のアビルースを上回るほどと言われる。

 


多魯吉斯(ドルジス

滅亡王國的狂戰士
C792202chara26

魔術師アビルースを長とする集団「闇夜の混沌生み」の戦士で、襲撃行動の先陣として蛮勇を轟かせている。

元々は滅亡したトールレント王国軍の兵士で、当時の凶行により処刑されるところを主のアビルースに雇われ、現在は地上にある山賊集団を支配下におさめ、ミルフェ衛兵団では一級の賞金首にもなっている。

 


馬奇斯(マチス

盜賊集團・黑狐團的頭目

急速に力をつけている野盗集団「黒狐団」のリーダー。

若さゆえからか他の盗賊集団よりも挑発的で、ある大きな勢力の傘下に入っているにもかかわらず、自己の思惑で突出し、郊外で活動していた市民との間で事件を起こす。高慢な態度ほどの戦闘能力もなさそうだが、取り巻きよりもタフな体と盗品の薬を駆使した卑劣な戦い方を好む。

 


哈萊格(ハレッガ

盜賊組織・鳩羽鼠之角的頭領

盗賊組織「鳩羽鼠の角」(はとばねずみのつの)の頭領。

細身の筋肉質な身体で色白、鬼族のように猫背歩きが特徴。少数ながら馬や戦闘馬車を要しミルフェ北部からレルン地方北部までの広い狩猟範囲を持っている。独自に改良された戦闘馬車や鞭を巧みに操り、周辺盗賊団の中では最も酔狂で、戦いに慣れている危険人物としてされている。

 


拉庫切・布萊蘭(ラクチェ・ブレイラン

馴鹿之革袋團的舞蹈少女
C792202chara29
「またそうやって子供扱いするんだ。 いっつもそうだよ…… 何でもかんでも反対して、やってみないと分からないじゃない!」

内陸の情報をもたらすことから街では歓迎されている隊商(キャラバン)「馴鹿の革袋団」の踊り子。

特に隊商の女性は曲芸や踊り子を兼ねながら夜の活動もする重要な稼ぎ役であるが、年少である本人はまだ見習いの域を超えておらず、一足飛びで早く一人前になりたい気持ちが抑えられないようである。

 


紐(ニウ

商隊的好前輩
C792202chara30
「あたしには踊り子であると同時に、一人前の娼婦だっていう誇りもあるの。 どう、試してみる?」

踊り子ラクチェの先輩。

若いながらも芸や夜の活動に磨きがかかり団長からも信頼されている反面で、面倒事とも言える団内でも手を焼く奔放な後輩のお目付け役を任せられている。

 


阿利西亞・卡帕恩特(アリシア・カーペント

薄幸的街娘
C792202chara31

ミルフェの街でひっそり一人暮らしをしている市民。

気弱な性格でありながらも何かを作り、売って他人に喜んでもらえる仕事をしたいと夢見て、商工会の手引きによりカドラ廃坑入口に構える白地龍騎士団の砦へ食料と物資を運ぶ仕事を始めていた。その矢先に性悪な盗賊集団に誘拐されてしまい、身代金を払える宛てのない彼女は……。

 


格勞克・布萊姆(グロック・ブレーム

自由市場的商人

貧困とは縁の遠そうな肥満体型、腹黒を体現した含み笑みが特徴の老商人。

雇った従者や奴隷を従えて、各地の都市を渡り歩いており、本人曰く需要のある商品を同情価格で譲り、他の地域で価値のありそうな商品を応援価格で仕入れている、とのこと。ともあれ取引には忠実で目利きも定評がある。セリカたちより遅れてミルフェの街に訪れた。

 


昆・卡利埃斯特爾(クーン・カリエステル

虔誠的イーリュン教會的修道女

ミルフェの街にあるイーリュン教会で奉仕活動をする修道女。

癒しの女神イーリュンの教義である「傷ついた者への積極的な救済」に深く邁進するあまり、古き神の肉体を持つセリカをも唸らせる無限の慈 悲を与えることになる。

 


蘭劄布・基爾南(ランザブ・キルナン

白地龍騎士團・副將
「貴方に心酔する者たちはともかく、そうでない者たちの心を掴むことは出来ますまい」

神経質じみた顔つきだが精悍で鋭い眼光を持つ「白地龍騎士団」の副将。

上官は軍団長のレヴィア。同行した二等代官と共に軍団運用や作戦立案など知将として能力を発揮する一方で、軍団派や他の百騎長らと一線を画す貴族派としてレヴィアとしばしば対立する。

 


薩伽莫阿・卡倫貝爾克(サガモア・カレンベルク

白地龍騎士團・百騎長
「逃げられる者は今のうちに逃げろ。 戦えない者が戦場にいても邪魔なだけだ」

元傭兵で数々の激戦を渡り歩いたことを伺わせる野性味ある眼光と長髪の男で、貴族派から高い戦闘能力を買われ、主にランザブの護衛を務めることとなった。常に強者を探し打ち倒すことを念頭に、力を失った神殺しには復活の期待とも失望とも取れる言葉を投げかける。
 


古萊拜特・弗爾・羅倫(グレバイト・フォル・ローレン

萊維尼亞神權國・爵位貴族
「修羅に落ちる私を、あなたは許してくれるだろうか……?」

レウィニア神権国の爵位貴族でローレン家の元当主。

十数年前は五大貴族にも上げられていたローレン家の若き後継者であったが、婚約者であり継承権第四位を持つレウィニア王家のラティナが姿を消すことで、徐々に没落していった。現在は残された私財をすべて投じた王女探索の末に、カドラ廃坑の奥にその姿を見据え、解決を模索する。

 


卡丘亞・克萊因(カチュア・クレイン

萊維尼亞貴族軍・副官
「力が落ちているとはいえ、神殺しを相手に一人で出しぬけると思う程自惚れてはいない」

レウィニア貴族軍の女騎士で、ローレン卿の副官。

1年を通じカドラ廃坑内に布陣を続ける貴族軍の食料や物資を様々な方法で調達し、全体の士気を維持する重要な役目も担っている。また、主に仕えるクレイン家の娘として、小柄ながらも受け継がれてきた刀の扱いに優れ、戦士としても指揮官としても数々の武勲を上げてきた。

 


拉提娜・汀・萊維尼亞(ラティナ・ティン・レウィニア

半靈體化了的行蹤不明的第四王女
C792202chara38
「邪魔するなら…… みんな食べる……」

レウィニア王家の元第四王女。ローレン卿の婚約者で約18年前の行方不明事件から次第に忘れ去られた存在だった。

最近になって如何なる理由か、ミルフェ周辺で半霊体の姿で人々から精気を奪い去っていく姿が目撃される。本国はその噂を手掛かりにセリカ達を派遣するに至った。先んじて情報を入手したローレン卿が何らかの鍵といわれる。

 

您使用了广告屏蔽软件!


Wikia通过广告运营为用户提供免费的服务。我们对用户通过嵌入广告屏蔽软件访问网站进行了使用调整。

如果您使用了广告屏蔽软件,将无法使用我们的服务。请您移除广告屏蔽软件,以确保页面正常加载。